元三大師みくじ第8番

元三大師みくじ八番・大吉です。 (漢詩) 勿頭中見尾 文華須得理 禾刀自偶然 当遇非常喜 (訳)頭中に尾を見ること勿(なか)れ  文華須(すべか)らく理を得(う)べし  禾刀(かとう)自(おの)ずから偶然  当(まさ)に… 続きを読む 元三大師みくじ第8番

投稿日:
カテゴリー: 未分類

元三大師みくじ第七番

元三大師みくじ七番、凶です。 (漢詩)登舟待便風 月色暗朦朧 欲碾香輪去 高山千万重 (訳)舟に登って便風を待つ 月色、暗く朦朧たり 香輪を碾じて去かんと欲せば 高山千万重 (大意)順風を待って舟出しようとしたが、/今ま… 続きを読む 元三大師みくじ第七番

投稿日:
カテゴリー: 未分類

元三大師みくじ第六番

元三大師みくじ六番・末吉です。 (漢詩)宅暮鬼凶多 人事有爻訛 傷財防損失 祈福始中和 (訳)宅暮鬼凶多く 人事爻訛(こうか)有り 財を傷(いた)んで損失を防ぎ 福を祈りて始めて中和を得ん (大意)最悪の運勢で魔物のたた… 続きを読む 元三大師みくじ第六番

投稿日:
カテゴリー: 未分類

元三大師と天海大僧正

今紹介している元三大師みくじの考案者、良源様を崇拝する同じく天台宗の天海大僧正をご紹介します。😄(元三大師みくじの成り立ち自体には他の説もあります)😲 天海大僧正は安土桃山時代から江戸時代の僧侶です。天海大僧正は幼いころ… 続きを読む 元三大師と天海大僧正

投稿日:
カテゴリー: 未分類

元三大師みくじ第五番

元三大師みくじ五番・凶です😰 (漢詩)家道未能昌 危危保禍殃 暗雲侵月桂 佳人一炷香  (訳)家道未だ昌(さか)んなる能わず 危々として禍殃(かおう)を保つ 暗雲月桂を侵す 佳人一炷の香 (大意)一家の運勢はま… 続きを読む 元三大師みくじ第五番

投稿日:
カテゴリー: 未分類

源頼朝とおみくじ

鎌倉幕府の初代将軍、源頼朝もおみくじを引いていたそうです😯 今大河ドラマの鎌倉殿の13人でもおみくじを抽いていましたね。 頼朝はおみくじを主に戦いの占いに使っていたようですが、今ある鶴岡八幡宮はもっと海寄りにあった元八幡… 続きを読む 源頼朝とおみくじ

投稿日:
カテゴリー: 未分類

元三大師みくじ 第四番

元三大師みくじ四番を紹介いたします。 このおみくじは吉です。 (漢詩)累有興雲志  君恩禄未封  若逢侯手印  好事始悤悤 (訳)累(しき)りに興雲の志有るも  君恩、禄して未だ封ぜず  若し侯の手印に逢わば  好事始め… 続きを読む 元三大師みくじ 第四番

投稿日:
カテゴリー: 未分類

元三大師みくじ第二番

元三大師みくじの二番を紹介いたします。 このおみくじは凶です。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 二番・凶 (漢詩) 月被浮雲翳 立事自昏迷 幸乞陰公祐 何慮不開眉 (訳) 月は浮雲に翳(おお… 続きを読む 元三大師みくじ第二番

投稿日:
カテゴリー: 未分類

元三大師みくじ 第一番

元三大師みくじ 第一番です。 (漢詩) 七宝浮図塔 高峰頂上安 衆人皆仰望 莫作等閑看 (訳) 七宝の浮図の塔 高峰頂上に安んず 衆人皆仰ぎ望む 等閑の看を作す莫れ (大意) 金銀などの七宝で作った仏陀の塔が、高い峰の上… 続きを読む 元三大師みくじ 第一番